カイテキオリゴをコーヒーやお茶に入れて飲む

カイテキオリゴをコーヒーやお茶に入れて飲む


カイテキオリゴはどんな飲み方をしても問題ありませんが、コーヒーやお茶に入れて飲むのが一般的です。砂糖の4分の1程度の甘さになりますので、甘さ控えめが好きな方にはちょうどいいと思います。カロリーもスプーン1杯(約5g)でわずか11キロカロリーしかありません。もちろん、甘くして飲みたい場合は、カイテキオリゴにプラスして砂糖を入れても問題ありません。

コーヒーには便秘解消効果がある


よく「コーヒーを飲むとトイレに行きたくなる」という話を聞きますが、これはコーヒーに含まれているカフェインが影響しています。カフェインには腸の働きを活発にしてくれる作用があるので、コーヒーは少なからず便秘解消に効果的な飲み物なのです。そんなコーヒーとカイテキオリゴは相性抜群と言えます。尚、体質的にコーヒーを飲んでも腸の働きが活発にならない人もいます。

紅茶にはコーヒー以上にカフェインが


カフェインが多い飲み物と聞くと、ほとんどの方はコーヒーと答えるのではないでしょう。ですが、実際にはコーヒーよりも紅茶の方がカフェインは多く含まれています。ホットティーにカイテキオリゴを入れての飲むのももちろんありですが、朝一番に冷たいアイスティーにカイテキオリゴを入れて飲めば、腸に強い刺激を与えることができます。朝から快便したい方は、是非試してみてください。