カイテキオリゴのデメリットについて

カイテキオリゴはどんなデメリットがある?


メリットのカイテキオリゴですが、商品である以上は当然デメリットもあります。カイテキオリゴのデメリットをいくつ挙げるとすれば、「カイテキオリゴに頼り過ぎてしまう」、「錠剤じゃないので飲み忘れることがある」、「お腹が緩くなることもある」あたりでしょうか。一つ一つ見ていきましょう。

カイテキオリゴに頼り過ぎてしまう


カイテイオリゴで便秘が解消されると、野菜を食べなくなったり、食生活に気を使わなくなってしまいます。いくら便秘が解消されても、食生活が乱れていては健康に良いわけがありません。カイテイオリゴはあくまでも健康補助食品ですので、補助的に活用するという本来の目的を忘れていけません。

錠剤じゃないので飲み忘れることがある


錠剤タイプのサプリメントであれば、鞄にさえ入れておけば、家でも会社でもどこでも飲めるでしょう。しかし、カイテイオリゴの場合は、家では飲めても会社では飲みのくい・・・という方も多いのではないでしょう。忙しいと飲み忘れてしまうというのも、デメリットの一つだと言えます。

お腹が緩くなることもある


これはカイテキオリゴの副作用というわけではありせんが、適量以上を取ろうとするとお腹が緩くなることもあります。カイテイオリゴの適量は1日/5g(スプーン1杯)ですが、2日、3日試しても効果が無いと、1日でスプーン2杯、3杯のカイテキオリゴを取ってしまう方も少なくないみたいです。適量の1日/5g(スプーン1杯)で、しばらく様子をみるのが無難と言えます。