カイテキオリゴをヨーグルトに入れて食べる

カイテキオリゴをヨーグルトに入れて食べる


カイテキオリゴの飲み方や食べ方はたくさんありますが、その中でもヨーグルトの中に入れて食べるのが最も効果が高いと言われています。その理由は、ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれているからです。

カイテキオリゴは腸内で乳酸菌の餌になる


カイテキオリゴの原料であるオリゴ糖は、腸内で乳酸菌の餌になります。オリゴ糖という餌を食べた乳酸菌は、腸内でその数を増やし、腸の働きを活発にしてくれるのです。ですので、ヨーグルトの中にカイテキオリゴを入れて一緒に食べると、乳酸菌の餌になるオリゴ糖だけでなく、乳酸菌自体も一緒に補給できるので、一石二鳥というわけです。

カイテキオリゴは低カロリー


オリゴ糖の特徴の一つに、砂糖に比べてもカロリーが低い(約半分)という点があります。カイテキオリゴのカロリーは、スプーン1杯でわずか11キロカロリーしかありません。そのため、カロリーが気になる方でも気にすることなく取り入れることができるでしょう。低脂肪なヨーグルトに入れて食べれば、さらにカロリーを抑えることができます。